ヒトラー―最期の12日間

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 244,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000019347
  • NDC分類 234.074
  • Cコード C0097

出版社内容情報

ドイツ敗戦から60年、ヒトラーをここまで人間的に描いた衝撃の歴史ドキュメンタリー。

ヒトラーの悪魔的な破滅意志・破壊意志とともに第三帝国は崩壊した。ベルリン陥落時における人間ヒトラーと彼をとりまく人々の断末魔を活写し、ひとつの国家が終焉することの意味を探る、迫真の歴史ドキュメンタリー。

内容説明

第三帝国の崩壊は、ヒトラーの悪魔的な破滅への意志がもたらしたのか?ナチス・ドイツがはらんでいた構造的矛盾の結果なのか?ソ連軍によるベルリン進攻から陥落そして降伏まで、地下要塞にこもり自害を決意するにいたるヒトラーと、彼をとりまくナチス幹部たちの断末魔のあがきを活写。ひとつの国家が敗北し終焉するとはどういうことなのか?ドイツ歴史界の重鎮・フェストが人間ヒトラーを通して描く迫真の歴史ドキュメンタリー。

著者等紹介

フェスト,ヨアヒム[フェスト,ヨアヒム][Fest,Joachim]
1926年、ベルリン生まれ。歴史家、ジャーナリスト。1973年から1993年まで『フランクフルター・アルゲマイネ』紙文化欄担当共同発行人。アインハルト賞(2003)、オイゲン・ボルツ賞(2004)他、多数の賞を受賞

鈴木直[スズキタダシ]
1949年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修了。東京医科歯科大学教養部教授。専門はドイツ思想史
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。