感情労働としての看護

個数:

感情労働としての看護

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 289,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784946509230
  • NDC分類 492.9

内容説明

患者は痛かったり、苦しかったり、淋しかったり、怖かったり、焦ったりしていて、それを何とかしてほしいと思っているのです。確かに教科書には、疾患のことが詳しく記述されていますが、個々の患者が何を思い、どのような助けを必要としているかは、当人でなければ分かりません。いえ、当人ですら、分からないときがあります。そこで、患者はときに看護婦の理解を越えた反応を示します。しかも、より深刻な問題は、そうした患者の精神的な不安定さではなく、そうした患者に手を焼く看護婦自身の精神状態にあるのです。そんなとき、ホックシールドの感情労働という概念に出会ったのです。…感情労働としての看護について理解するのは、一つには看護婦自身のメンタルヘルスのためでもありますが、もっと大事なのは、それによって患者の理解が深まり、ケアの質も高まるということです。

目次

第1章 序論
第2章 世間の水につかる―ケアを担う看護婦を選抜し、テストし、そして期待する
第3章 ケアについてはまったく何も語られない―看護の知の定義づけ
第4章 患者の具合の悪いところから学ぶ―看護の仕事の定義づけ
第5章 病棟婦長と感情ワークの基礎構造―病棟での感情ワークを目にみえるものにすること
第6章 病院で死ぬこと―究極の感情労働
第7章 ケアリングの軌跡―ケアリングのスタイルと能力の時間にともなう変化
第8章 結論

著者紹介

前田泰樹[マエダヤスキ]
一橋大学大学院社会学研究科。主要論文に「情報経験の語りとケアの論理―痴呆に関する問診場面の相互行為分析―」『現代社会理論研究』第9号(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)