脳死は人の死か

個数:

脳死は人の死か

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784943843788
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C0036

内容説明

脳死、臓器移植の問題が問いかけているものは何か―仏教、神道、キリスト教それぞれの教えにそいながら、執筆者各々の視点から問題の本質に迫ります。

目次

「人間の死」とは何か(日野原重明;松原泰道)
うしろ向きに坐る文化もある(青山俊董)
脳死をどう考えるか(市川智康)
脳死は人の死か(遠藤誠)
「理解」から「了解」へ―脳死をめぐって(大須賀発蔵)
脳死からの臓器移植―生命倫理に関する宗教家への問いかけ(片山文彦)
宗教の立場から脳死を考える(門脇佳吉)
脳死の是非を問う前に(金子真介)
脳死問題から考えること(岸田宣昭)
己れの死を問うべし(雑賀正晃)〔ほか〕