Save our planet series<br> 大地は死んだ―ヒロシマ・ナガサキからチェルノブイリまで

個数:
  • ポイントキャンペーン

Save our planet series
大地は死んだ―ヒロシマ・ナガサキからチェルノブイリまで

  • 綿貫 礼子【著】
  • 価格 ¥2,349(本体¥2,136)
  • 藤原書店(1991/07発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 42pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 266p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784938661304
  • NDC分類 519
  • Cコード C0040

内容説明

生命と環境をめぐる最前線テーマ、「誕生前の死」を初めて捉える。

目次

1 戦後史の中で(大地は死んだ―5年目のチェルノブイリ;環境と生命―ヒロシマ・ナガサキからチェルノブイリまで)
2 技術社会を女性の目で(母乳のエコロジー;放射線被曝と継世代発ガン―親から子へ、そして孫へ;社会を変える女性たちの「哲学」)
3 21世紀への課題(環境問題から平和を考える;「環境と開発」論をめぐって;有害廃棄物と企業の社会的責任―毒物学的立場から)