陸軍工廠の研究

個数:

陸軍工廠の研究

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 583p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784938571764
  • NDC分類 559.09
  • Cコード C3033

内容説明

本書は、明治維新以降第二次世界大戦時まで日本陸軍の兵器製造工場であった陸軍工廠の歴史的展開とその構造を研究したものである。ただし対象時期を、砲兵工廠条例によって「官業」としての形態を整えた1879年ごろから「満州事変」前夜の1930年ごろまでに限定して分析した。

目次

前編 陸軍工廠の形成と展開(陸軍工廠の形成;陸軍工廠の確立―産業資本確立期;1910年代の陸軍工廠)
後編 陸軍工廠の再編と再生産機構(陸軍造兵機構の再編・統合;管理機構と技術研究;固定資本投資と造兵廠特別会計の構成;資本循環と兵器用素材の購入と生産;労働者の状態 ほか)