たのしい不便 - 大量消費社会を超える

個数:

たのしい不便 - 大量消費社会を超える

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 319p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784931376373
  • NDC分類 365
  • Cコード C0036

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Charlie

3
非常に興味深い本だった。このタイトルが正に自分の志向する事だな、と思う。著者が実行した事の内、とうに実行出来てるものもあり、そうでないものもあり。目下の所は弁当作りが課題だな。後半の対話部分も気になる所があったが、週5日2時間労働で良いというのは「1日3時間しか働かない国」に通じるなと思った。2013/08/31

つちのこ

2
大量消費社会における消費中毒からの離脱のノウハウを確立するために、果敢に挑んだ新聞記者の記録。目からウロコの面白本。実験を開始して一年近く経った頃には、「不便」という概念が消され、“欲しいモノがなくなった”という境地にまで達している。 私たちが便利に思っているモノでも、実は無ければないで済んでしまうモノも多い。20~30年前なら誰もができたことが、できなくなっていることもある(例えば、縫い物)。実際、無ければ無いで何んとかなるものであるし、あえて不便を楽しむくらいの余裕が欲しいと思う。(2000.7記)2000/07/27

かんな

1
都会に暮らすようになってから家人に言われたことがあります「ため息増えたね」ってε=(-"-;)2014/03/16

結露

0
与えられたものを消費するのではなく主体的な消費をする。他人に求められることを生きがいとする。未来のために今を忙しくして、死ぬまで我慢して忙しいのはニヒリズムという言葉にグサッときました。2016/02/19

pom

0
前半はすいすい楽しめたが対談はきつい。11人は多いし男ばっかり。1日2時間で5日働けばいいって理想をしたり顔で言えるのは家事労働を全く考慮してない証拠かな。便利さを適度に削ることで安楽を不完全で断続的なものにすれば不便による刺激を快楽化できる。安楽が続けば退屈になるってところは納得。2014/11/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/477346

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。