戦後60年を考える―補償裁判・国籍差別・歴史認識

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784915970252
  • NDC分類 329.9
  • Cコード C0036

目次

1部 戦後補償裁判、国籍差別、多文化共生社会
2部 国籍差別、地方参政権、強制連行、外国人学校(日本社会の公的排除と人権侵害―東京都管理職選考受験拒否裁判について;「他人のふり見て、我がふり直せ」というが―拉致と強制連行;いつまで放置される続ける年金差別―在日コリアン無年金高齢者問題;日本における外国人参政権―その歴史と現在;中国人強制連行に関する「外務省報告書」の功罪―広島・西松建設裁判に提出した意見書;国際化に逆行する外国人学校の資格問題―文部科学省の排他的な教育政策)
資料編 戦後補償裁判一覧

著者等紹介

田中宏[タナカヒロシ]
1937年東京都に生まれる。60年東京外国語大学中国科卒業。63年一橋大学大学院経済学研究科(修士)修了。アジア学生文化協会勤務、愛知県立大学教授、一橋大学社会学部教授を経て、龍谷大学経済学部教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。