自由社ブックレット<br> 「日本国憲法」・「新皇室典範」無効論―日本人差別体制を打破するために

個数:

自由社ブックレット
「日本国憲法」・「新皇室典範」無効論―日本人差別体制を打破するために

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 114p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784915237973
  • NDC分類 323.14
  • Cコード C0021

内容説明

「日本国憲法」は属国化と滅亡が目的。憲法と新典範を現在のまま放置すれば、日本も皇室も衰微するのは明らか。滅亡を回避し本当の独立国になるため「日本国憲法」をどう処理すべきか。

目次

第1章 独立国を目指す憲法、属国化と滅亡を目指す「憲法」(華夷秩序体制、国際法体制、国連憲章体制;大日本帝国憲法―独立国を目指す憲法;「日本国憲法」―属国化と滅亡を目指す「憲法」)
第2章 「日本国憲法」をどのように処理するか(占領管理基本法から国家運営臨時措置法へ;占領管理基本法学に堕した「憲法学」;占領管理基本法学から憲法学への転換を)
第3章 「新典範」無効論(守るべき国体の四つのポイント;国体を毀損した神道指令と「日本国憲法」;「新典範」は皇室典範として無効である;「日本国憲法」と「新典範」の処理手続き)

著者紹介

小山常実[コヤマツネミ]
昭和24年石川県金沢市生まれ。昭和53年京都大学大学院教育学研究科博士課程単位取得。大月短期大学名誉教授。専攻:日本教育史、日本憲法史、日本政治思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)