沖縄の保守勢力と「島ぐるみ」の系譜―政治結合・基地認識・経済構想

個数:

沖縄の保守勢力と「島ぐるみ」の系譜―政治結合・基地認識・経済構想

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 286,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784908672095
  • NDC分類 318.299

内容説明

二〇一四年、「オール沖縄」を掲げて翁長雄志が新たな沖縄県知事となった。いわば一九五〇~六〇年代に成立していた「島ぐるみ」の再来である。本書は、主に一九五〇年代から六〇年代における保守勢力の実態分析を中心に、基地認識や経済構想に関わって沖縄住民が「島ぐるみ」で一致しうる基盤とはなんだったのかを明らかにしようとするものである。これまで十分に進んでいなかった保守勢力の分析から、現代沖縄政治の原点をさぐる。

目次

沖縄戦後史研究の現状と課題
第1部 政治結合(一九五〇年代における政治勢力の変遷―琉球民主党から沖縄自由民主党まで;一九六〇年代における政治勢力の変遷―沖縄自由民主党の分裂と再編)
第2部 基地認識(戦後沖縄における「基地問題」の形成過程;石川・宮森小学校ジェット機墜落事件に対する補償問題の展開;補論 「島ぐるみ」による沖縄戦認識の形成とその変容)
第3部 経済構想(一九五〇年代における「基地経済」と「自立経済」の相剋;沖縄の復帰過程と「自立経済」への模索)
総括と展望

著者紹介

櫻澤誠[サクラザワマコト]
1978年生まれ、立命館大学大学院文学研究科博士課程後期課程修了。現在、大阪教育大学教育学部准教授。博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

2014年、「オール沖縄」を掲げて翁長雄志が新たな沖縄県知事となった。いわば1950?60年代に成立していた「島ぐるみ」の再来である。本書は、主に1950年代から60年代における保守勢力の実態分析を中心に、基地認識や経済構想に関わって沖縄住民が「島ぐるみ」で一致しうる基盤とはなんだったのかを明らかにしようとするものである。これまで十分に進んでいなかった保守勢力の分析から、現代沖縄政治の原点をさぐる。

序章 沖縄戦後史研究の現状と課題 



第一部 政治結合(第一章 一九五〇年代における政治勢力の変遷―琉球民主党から沖縄自由民主党まで―/第二章 一九六〇年代における政治勢力の変遷―沖縄自由民主党の分裂と再編―)



第二部 基地認識 第三章 戦後沖縄における「基地問題」の形成過程/第四章 石川・宮森小学校ジェット機墜落事件に対する補償問題の展開/補論 「島ぐるみ」による沖縄戦認識の形成とその変容)



第三部 経済構想(第五章 一九五〇年代における「基地経済」と「自立経済」の相剋/第六章 沖縄の復帰過程と「自立経済」への模索) 



終章 総括と展望 

櫻澤 誠[サクラザワ マコト]
1978年生まれ。大阪教育大学教育学部准教授