ずっと「普通」になりたかった。

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784907725143
  • NDC分類 493.76

内容説明

いじめられた。仲間はずれにされた。ずっと「世界」になじめなかった。大人になってわかった。私は、「普通」と違う脳の持ち主だったんだって。高いIQをもちながら“高機能自閉症”に苦しんだ著者が“救い”を見出すまでの全記録。

目次

愛してもらうには見返りがいるの?
私の“言葉”は役に立たないの?
人はみな同じ顔をしているの?
両親は愛さなくちゃいけないの?
「お友だち」って何?
「いじめられる」って何?
どうして「学校」に行かなくちゃいけないの?
いじめられっ子になったとき
お医者さんごっこ
私は「だめな子」なの?〔ほか〕

著者紹介

ガーランド,グニラ[Gerland,Gunilla]
スウェーデン生まれ。幼いころより周囲との違和感に悩んでいたが、成人してから自分に高機能自閉症という障害があったことを知り、却って心の安らぎを得る。その体験をつづった本書は、「自分探しの物語」として話題になる。スウェーデン在住

ニキリンコ[ニキリンコ]
著者と同様、幼いころより周囲との違和感に悩みながら育つ。いわゆる進学校の高校を経て、大学に二度入学するも、二度とも中退。30代になり自閉スペクトラムの一種、アスペルガー症候群との診断を受ける。心理・神経学関係の書籍を求めて外国語の本を多数読み込むうち、翻訳家として独立。現在に至る