新熊本新書<br> 水俣病小史

個数:

新熊本新書
水俣病小史

  • 提携先に3冊在庫がございます(2017年10月19日 05時21分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 86p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784906897414
  • Cコード C0220

目次

水俣病前史
水俣病の予兆
水俣病公式確認
原因物質の究明と対策の模索
法的規制ならず
原因物質に有機水銀浮上
昭和三四年秋 状況緊迫
熊本大学研究班に解散命令
事態の鎮静化 強まる有機水銀説攻撃
高度経済成長の陰に水俣病
胎児性水俣病の確認
熊本大学、ついに工場スラッジよりメチル水銀化合物検出
新潟水俣病の発生
水俣病対策市民会議の結成
工場の細川実験表面化
政府見解、水俣病の原因は工場のメチル水銀と断定

著者紹介

二塚信[フタツカマコト]
1939年熊本市で出生。1964年熊本大学医学部卒業。1969年熊本大学大学院修了。水俣病の研究に従事。熊本大学助手(公衆衛生学)。1987年熊本大学教授(公衆衛生学)。2005年九州看護福祉大学学長。2014年熊本機能病院顧問。2015年NPO法人熊本高齢社会活性化研究センター所長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)