音読力―読み間違う日本語の罠99

個数:

音読力―読み間違う日本語の罠99

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2018年09月26日 04時01分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 232p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784904827451
  • NDC分類 814
  • Cコード C0030

内容説明

読み違いしないためには、「音読力」を身につけることが必至―と提唱する、2017年第29回和辻哲郎文化賞を受賞した山口謠司が、読み間違えやすい99語を選び出し、分かりやすく解説。音読したい名文、使いやすい例文つき。

目次

第1章 読み間違えやすい漢字(云々;後手に回る;拾得 ほか)
第2章 読めない漢字(均衡;更迭;至極・月極 ほか)
第3章 意味がわからない漢字(高配;遵守;言質 ほか)

著者等紹介

山口謠司[ヤマグチヨウジ]
1963年長崎県佐世保市生まれ。大東文化大学大学院、フランス国立高等研究院大学院に学ぶ。専門は、書誌学、音韻学、文献学。1989年よりイギリス、ケンブリッジ大学東洋学部共同研究員として『欧州所在日本古典籍総目録』編纂の調査のために渡英。以後、10年に及んで、スウェーデン、デンマーク、ドイツ、ベルギー、イタリア、フランスの各国図書館に所蔵される日本の古典籍の調査を行なう。またその間、フランス国立社会科学高等研究院大学院博士課程に在学し、中国唐代漢字音韻の研究を行ない、敦煌出土の文献をパリ国立国会図書館で調査する。『日本語を作った男―上田万年とその時代』(集英社インターナショナル)で第29回和辻哲郎賞を受賞、大東文化大学文学部准教授。文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

■読み間違う日本語の罠!



安倍首相も「云々」を「でんでん」と読み間違えた!

誰もが陥る、読み間違えやすい日本語の罠!

「破綻」「未曾有」「雑駁」「椿事」「寡欲」……

どうして私たちは読み間違えてしまうのでしょう。



目は、じつは、あまり信用ならないものです。

わからないところがあっても、目は賢く、ずるく、

分かったふりをして、先へ先へと進んでいきます。



目が信用ならないものであることは

20世紀までの文学学術が、洋の東西を問わず、

耳と口で伝えられてきたことを考えれば十分知ることができるでしょう。



だからこそ、まずは声に出して読む「音読力」を身につけましょう。

目だけに任せておかず、口と耳も動員して、読書をしましょう!

そうすれば、わからないところをわからないまま

放置して先を急ぐことはなくなります。



■音読すれば、読み間違いに気づきます



言葉にとって「音」は、ほんらい、もっとも重要な「姿」でした。

孔子は『論語』のなかで、幾度も「詩を学べ」と弟子たちに語っています。

これは、語彙力を付けていくためと、間違った発音をしないために

孔子が示した教えです。



「温故知新」という『論語』の教えが、

孔子の没後2500年を経て今なお生きているとすれば

「詩を学べ」という教えもまた踏襲すべきものと考えます。



■読み間違えることで露呈する教養のなさ



社会人になって、地位が上がっていった人が、

常識的な漢字の読み間違いをすることで、

その人の教養のなさを露呈することは少ないことではありません。



その人の教養は話をすればすぐに分かります。

語彙の少ない人はもちろんですが、

間違った漢字の読み方をする人は、

基礎的な読書の訓練のたりない人だと露見してしまうのです。



そうした事態を招かないためにも、是非、

音読力を身に付けて欲しいと思うのです。



■声に出して読みながら、深い教養を纏う



本書では、99の読み間違えやすい語彙を挙げ、

漢字や言葉の持つそれぞれの意味を説明し、

名文や例文を載せて音読力が養えるようになっています。



漢字の読み方の違いには、

中国からその言葉が渡ってきた時期の違いから

「呉音」「漢音」「唐宋音」という枠組みの中で理解できます。



教養は、耳と口と目で教養ある人から教えてもらわなければ

決して身につくものではありません。

分かった気になる「黙読」を捨て、「音読」することで

深い教養に支えられた人格が育まれることでしょう。

第一章<読み間違えやすい漢字>

云々/後手に回る/拾得/端役/年俸/必定・案の定/凡例/礼賛/見初める/猛者/市井/角地/相殺/一献/一矢を報いる/各々/軽率/一目置く/真骨頂/手向ける/野暮/目処か?立つ/声色/最期/凹凸

第二章<読めない漢字>

均衡/更迭/至極・月極/示唆/疾病/頻繁/敷設/泡沫/蔑視/未曾有/履行/納戸/収賄/出納/適宜/逐次/警鐘/有象無象/壊死/悪寒/割愛/胸襟/間髪/憮然/曖昧/長丁場/玄人/流石/蒐集/進捗/所詮/苦渋/僭越/美人局/甚た?/若干/禍々しい/所謂/姑息/冒涜/慶弔/侮辱/雑駁/凛々しい/似而非/椿事/労る

第三章<意味か?わからない漢字>

高配/遵守/言質/人事不省/自重・重厚/生一本/歯に衣着せぬ/追従/厚顔無恥/秋波を送る/精進/塩梅/賜杯/緑青/舌禍/漸次・漸く/寡欲/享楽/檄を飛は?す/荼毘/敷居か?高い/渉猟/倉皇

山口 謠司[ヤマグチ ヨウジ]
1963年長崎県佐世保市生まれ。大東文化大学大学院、フランス国立高等研究院大学院に学ふ?。専門は、書誌学、 音韻学、文献学。1989年よりイキ?リス、ケンフ?リッシ?大学東洋学部共同研究員として渡英。以後、10年に及んて?、スウェーテ?ン、テ?ンマーク、ト?イツ、ヘ?ルキ?ー、イタリア、フランスの各国図書館に所蔵される日本の古典籍の調査を行う。またその間、フランス国立社会科学高等研究院大学院博士課程に在学し、中国唐代漢字音韻の研究を行ない、敦煌出土の文献をハ?リ国立国会図書館て?調査する。テレヒ?やラシ?オの出演も多く、定期的に講演や講座を開いている。ヘ?ストセラー『日本語の奇跡』『ん』『日本語通』(新潮社)、『てんてん』(KADOKAWA)、『日本語にとってカタカナとは何か』(河出書房新社)、『感シ?テ!漢詩』『漢字ル!世界』(游学社)なと?多数。『日本語を作った男 上田万年とその時代』(集英社インターナショナル)て?第29回和辻哲郎賞を受賞。100年前の出来事から現代を視る『一九一七~ココデアッタガ百年目!』(游学社)を電子フ?ックて?発信中。大東文化大学文学部准教授。文学博士。