青色発光ダイオード―日亜化学と若い技術者たちが創った

個数:

青色発光ダイオード―日亜化学と若い技術者たちが創った

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784901331081
  • NDC分類 549.81
  • Cコード C0095

出版社内容情報

日亜化学発、初のメッセージ。

誰も話さなかった。
誰も書かなかった。
だから本にした。

第1章 「賞賛」から「非難」へと一変した青色LED報道
第2章 「沈黙」を破って語られ始めた日亜化学の「主張」
第3章 開発の真実<1>「ブレイクスルー」ではなかった「ツーフロー方式」
第4章 開発の真実<2> 青色LEDから青色LDを誕生させた「技術者群像」
第5章 開発の真実<3>「ノーベル賞に最も近い男」に寄せられ始めた「疑問」
第6章 注目の「東京地裁判決」と「残された問題」の行方

内容説明

独力で発明したと主張する中村修二氏。だが「青色発光ダイオード」は、日亜化学が莫大なリスクを背負う中、若い技術者たちの新発明と協力で完成された。開発の真相を初めて日亜化学が語り尽くす。

目次

「賞賛」から「非難」へと一変した青色LED報道
「沈黙」を破って語られ始めた日亜化学の「主張」
開発の真実(「ブレイクスルー」ではなかった「ツーフロー方式」;青色LEDから青色LDを誕生させた「技術者群像」;「ノーベル賞に最も近い男」に寄せられ始めた「疑問」)
注目の「東京地裁判決」と「残された問題」の行方