ドイツの安全保障政策―平和主義と武力行使

個数:

ドイツの安全保障政策―平和主義と武力行使

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 210p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784901253772
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C3031

内容説明

「平和主義」と「武力行使」を共存させる道とは―。過去の克服と国際協調に揺れたドイツ。冷戦終結後の安全保障政策の変容を、いま、克明に描き出す。

目次

序章 ドイツの安全保障政策の変容
第1章 冷戦期の安全保障政策と基本法
第2章 冷戦の終焉とドイツ統一
第3章 域外派兵と改憲論争
第4章 「同盟国」としての責任
第5章 「国際社会の一員」としての責任
第6章 連邦憲法裁判所による決着
第7章 安全保障政策の転換
終章 二一世紀の安全保障政策

著者等紹介

中村登志哉[ナカムラトシヤ]
1960年生まれ。85年、同志社大学法学部卒業後、共同通信社に入社。90‐91年、ドイツ・ベルリン自由大学へ派遣留学。帰国後、外信部記者、ウィーン支局長などとして、欧州・安全保障・核問題を担当。2002年、オーストラリア・メルボルン大学政治学博士課程、同客員講師、(財)平和・安全保障研究所(東京)客員研究員を経て、04年から県立長崎シーボルト大学国際情報学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。