単位制は教育改革の切り札か?

単位制は教育改革の切り札か?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 264p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784896912845
  • NDC分類 376.4
  • Cコード C0037

内容説明

「プロ教師の会」三人目の論客が教育改革の目玉政策に真っ正面から立ち向かう!従来の学年制にかえて「規制緩和」と「個性化」を目指した単位制高校は大量の脱落者を生み出す恐れがある。学ぶ自由は学ばない自由をも含むからである。生徒たちはこの「自己責任」のルールに耐えられるのか?埼玉県での最先端の試みに主体的に立ち会ってきた経験から問う問題提起の書。

目次

序章 学校は何を教えているところか
第1章 単位制論議の成立事情
第2章 単位制高校のパラダイムとは何か
第3章 難航した教育課程の策定
第4章 「契約的関係」と「指導」との間
第5章 学校の「かたち」
第6章 単位制クロニクル
第7章 自立をテーマにする学校は可能か?
第8章 高校の多様化とは教育界の「規制緩和」問題である
第9章 高校入試改革はどうすすんできたか
第10章 「新しい学力観」によって学校は崩壊する
付論 欧米の学校は本当に日本の学校よりもすばらしいのだろうか?