ハルキ文庫<br> 十津川警部 殺しのトライアングル

個数:

ハルキ文庫
十津川警部 殺しのトライアングル

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月20日 19時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 280p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784894568624
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

群馬県の温泉地で、ほぼ同時期に、三人の若い女性が行方不明となった。水上温泉で三木めぐみ、草津温泉で山西ひろみ、伊香保温泉で広瀬香織。なかなか捜査にふみきらない警察に業を煮やした広瀬香織の姉千鶴の依頼を受けた私立探偵橋本豊は、捜査の途上で、東京からきた十津川警部と出会う。一方、都内では少年によるホームレス狩りによる殺人事件が発生。一見何の接点もないように思われた二つの事件の陰にあるものとは果たして…。

著者等紹介

西村京太郎[ニシムラキョウタロウ]
1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。鉄道推理に新境地をひらき、トラベルミステリー降盛の先駆者となった
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。