道新選書<br> 川田龍吉伝―男爵薯の父 (新版)

個数:

道新選書
川田龍吉伝―男爵薯の父 (新版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年10月22日 07時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 281p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784894534759
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0321

内容説明

男爵イモを世に送り出した日本農業界の先駆者・川田男爵の生涯。国連の国際ポテト年にあたる2008年、ジャガイモが世界の基幹食糧として改めてスポットを浴び始めている中、激動の明治期に北海道で男爵イモの栽培と普及に力を注ぎ、北の大地にポテト王国の基礎を築いた川田男爵の素顔に、いま再び迫る。

目次

第1章 龍吉の生いたち
第2章 横浜・函館船渠時代
第3章 大正期の男爵とその事業
第4章 戦前期の男爵の生活と事業
第5章 戦中・戦後期の男爵の生活
第6章 川田男爵の光と影

著者等紹介

館和夫[タテカズオ]
1937(昭和12)年檜山管内厚沢部町生まれ。宇都宮大学農学部卒業。北海道林務部(林業試験場、森林整備課等)に勤務。1997年退職し現在に至る。樹木医、江差追分会理事、民俗芸能学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。