• ポイントキャンペーン

道新選書
もうひとつの知床―戦後開拓ものがたり

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 199p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784894533448
  • NDC分類 611.24
  • Cコード C0321

内容説明

日本の自然保護運動の聖地・知床百平方メートル運動地。そこで遠くない昔、羅臼おろしの下で開拓に汗と涙を流した人々がいた。知られざる知床開拓の歴史を描く。知床の原始の森に挑んだ開拓者の苦闘。

目次

第1章 戦前から始まった知床岩尾別開拓
第2章 戦後開拓とは何か
第3章 岩尾別離農地を訪ねる
第4章 岩尾別開拓者斎藤平三さんの記録
第5章 知床開拓民の姿―ある学術調査報告書
第6章 知床一〇〇平方メートル運動

著者等紹介

菊地慶一[キクチケイイチ]
1932(昭和7)年旭川市に生まれる。釧路で育ち13歳の時釧路空襲を体験する。戦後網走管内の小学校、高等学校に勤務。1969(昭和44)年より網走在住。1973(昭和48)年「白いオホーツク―流氷の海の記録」を出版、以後執筆活動に入る。児童文学、流氷、地方史など著書多数。網走歴史の会代表、日本児童文学者協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。