gen―掛川源一郎が見た戦後北海道

gen―掛川源一郎が見た戦後北海道

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 167p/高さ 20X30cm
  • 商品コード 9784894532939
  • NDC分類 748
  • Cコード C0072

内容説明

私たちの原点を見つめ、現在を揺さぶる掛川写真の70余年を集大成。

著者等紹介

掛川源一郎[カケガワゲンイチロウ]
1913(大正2)年、北海道室蘭町(現・室蘭市)に生まれる。室蘭中学校、千葉高等園芸学校をへて、誠文堂新光社「実際園芸」編集所に勤務。編集記者兼カメラマンとして活躍。戦後は伊達高校に教員として勤務するかたわら、北海道における社会派カメラマンの草分けとして、貧しい漁村や開拓農家の暮らし、アイヌ民族、伊達火力発電所建設反対運動、ポリオ(小児マヒ)の子どもたち、有珠山噴火などを長期にわたって取材。1961年には雑誌「世界」の口絵で第2回講談社写真賞を受賞した。1991年、第7回東川賞特別賞受賞。2000年から札幌市在住。2004年4月、北海道立文学館で写真展開催
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。