Google経済学―10年後にトップに立てる新経済学入門

個数:

Google経済学―10年後にトップに立てる新経済学入門

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年10月23日 05時35分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784894513167
  • NDC分類 547.48
  • Cコード C0033

内容説明

サブプライムローン・ドル安・食糧急騰・格差社会…。「経済のしくみ」は、ここ数年で大きく変わった。もう「これまでの経済」を学んでも、意味はありません。今あなたが学ぶべきなのは、「これからの経済」。大丈夫、難しくなんかありません。激動の「新・経済学」を「グーグル」をキーワードに学ぼう。

目次

第1章 グーグルのすごさを知れば、近未来のビジネスが見える!―グーグルの決算書を解剖しよう!
第2章 なぜ、グーグルが勝つのか?―グーグルから見えた!新・経済学のキーワード
第3章 金儲けのキーワードはグーグルで探せ!―証券化、デリバティブなどを知っておこう!
第4章 グーグルニュースから学ぶ世界経済の行方―「資源高」「人口増加」「食糧問題」「エコ」で世界経済は大きく変わる!
第5章 グーグルニュースから学ぶ日本経済の行方―「人口減少」「格差」「財政不安」「低金利」が日本を動かす!
特別付録 グーグルを使い倒そう!―できる人はグーグルをこう使う!

著者等紹介

柴山政行[シバヤママサユキ]
1965年神奈川県川崎市生まれ。公認会計士、税理士。埼玉大学経済学部を卒業。センチュリー監査法人(現・新日本監査法人)を経て、現在(資)柴山会計ソリューション、柴山政行公認会計士・税理士事務所を経営。税務、コンサルティング、監査の各種業務に従事しながら、実務につながる実践的な会計教育を理想にかかげ、資格専門学校や千葉商科大学などで、会計学および実務簿記などを教えている。無料メールマガジン「時事問題で楽しくマスター!使える会計知識」は、読者5万5000人を突破。さらに、メールマガジンを解説した会員制CDセミナー「経済・会計・時事ニュース通信」は多くの支持を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。