ペナック先生の愉快な読書法―読者の権利10ヶ条

個数:
  • ポイントキャンペーン

ペナック先生の愉快な読書法―読者の権利10ヶ条

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月28日 20時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784894345416
  • NDC分類 019
  • Cコード C0098

出版社内容情報

本嫌いの人に送る、読者の権利宣言! 『奔放な読書』を改題し、装丁を一新して、刊行。

内容説明

本ぎらいのあなたに贈るフランスのベストセラー作家による、ありそうでなかった“読書術”!“デキの悪い”高校生が、読書によって豊かな人生を歩むには?お話に興味を持ちはじめた子どものお母さん、お父さんから、学生が本を読まないとグチをこぼしている先生まで。小説のように、ユーモアたっぷりに書かれた、本ぎらいのあなたに優しく語りかける魔法の本。

目次

1 錬金術師としての読者の誕生
2 本を読まなければならない(教義)
3 本を読みたい気持ちにさせる
4 読者の権利10ヵ条(あるいは読者が絶対に持っている権利)(読まない権利;飛ばし読みする権利;最後まで読まない権利;読み返す権利;手当たり次第に何でも読む権利;ボヴァリズムの権利(小説に書いてあることに染まりやすい病気)
どこで読んでもいい権利
あちこち拾い読みする権利
声に出して読む権利
黙っている権利)

著者等紹介

ペナック,ダニエル[ペナック,ダニエル][Pennac,Daniel]
1944年、モロッコのカサブランカ生まれのフランス人。大学を卒業後は、中学の教師となる。1995年まで週9時間、高校教師もつとめる。現在は児童文学、エッセイ、推理小説、純文学のいずれも同時にこなす作家として活動している。また朗読をはじめ、自作の演劇を演じる役者でもあり、2006年2月には自作『メルシー』で一人芝居を行う

浜名優美[ハマナマサミ]
現在、南山大学総合政策学部教授

木村宣子[キムラノブコ]
現在、南山大学地域研究センター勤務

浜名エレーヌ[ハマナエレーヌ]
現在、椙山女学園大学人間関係学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

マエダ

78
”私たちは若者が本を読まないことに関する問題点を一つ残らず述べてきた。”無駄を省いて多くを語らないテンポの良さがある。2017/08/05

リードフォーアクション

18
子どもの頃に知りたかった!読者の権利10ヵ条、、、いや、子どもだったことのある人なら誰でも知っている(いた?)10ヵ条、きっと。ニヤッとしたり、「ああ」なんて言ったりしながら読んでしまう本。読書法、あるいは、愛についての本かもしれません。 【この本を読んだ人】リーディング・ファシリテーター若槻 純司 https://www.read4action.com/facilitator/detail/?id=2942019/01/17

ぱせり

13
本来、心を自由に解き放つはずの本を読むために、知らず知らずの内に、なんとたくさんの規制を自分に課していたことか、または、いらぬ親切心から人の権利を奪っていたことか、と、初めて気がついたことも多かったです。読書は錬金術。先日読んだ本には「料理は錬金術」と書かれていた。料理も読書も体験を「喜び」に変える錬金術ですね。2010/12/06

ムーミン2号

7
読者の権利10ヵ条が示されている。曰く、①読まない権利、②飛ばし読みする権利、③最後まで読まない権利、④読み返す権利、⑤手当り次第に何でも読む権利、⑥ボヴァリズムの権利(小説に書いてあることに染まりやすい病気)、⑦どこで読んでもいい権利、⑧あちこち拾い読みする権利、⑨声を出して読む権利、⑩黙っている権利 ハハ、ほとんどの権利をワタシは行使している(自慢たらしく言うほどではないが)。「書を捨てよ、町へ出よう」を文字って言えば、「TVを消そう、本を読もう」となる。そうすれば、物語への枯渇が癒されるはず。2020/07/04

ロピケ

5
心にも無く勝手に手が動いて、図書館の本棚から抜いてびっくり!の本でした。巻末に「読者の権利10ヵ条」付き「小説のように」(本書の原題は『小説のように』)書かれた読書に纏わるエッセイ。これを読んだばかりに、『戦争と平和』を無性に読みたくなったり(これはぺナック先生のお兄さんのせい)、『ボヴァリー夫人』を再読したくなったり。他の本を読み始めたばっかりなのに、とは思うけど、ぺナック先生は「そんなものどうにでもなるさ」と教えてくれます。ぺナック先生の言いたいのは、信じて待つこと。読書に功利を求めるなということ。2010/11/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/23573

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。