心を病むってどういうこと?―精神病の体験者より

個数:

心を病むってどういうこと?―精神病の体験者より

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年07月22日 05時59分現在)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784892401534
  • NDC分類 493.76

内容説明

心の病の人と、「どう付き合ったら、いいの?」という疑問に対して、自分の苦しかった過去を振り返りながら、自分の体験をもとに執筆。

目次

はじめに 心の病を持つ人のことを知ってください
第1章 私から、あなたへ
第2章 病気になれてよかった
第3章 こんなふうにしてもらえたら
第4章 「あなた」と「私」の関係で
おわりに みんな、いっしょ

著者紹介

古川奈都子[フルカワナツコ]
1971年に、鳥取に、4人きょうだいの末っ子として生まれる。小さい頃は、人から「にくめれない子」と言われて過ごし、高校2年生の時に発症する。その後、4回の入院を経験する。21歳の時に結婚し、25歳の時に出産し、しばらく横浜で暮らす。今は、鳥取で家族と暮らしながら、仲間と小さな会もやっている