スガンさんのヤギ

個数:

スガンさんのヤギ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 26cm
  • 商品コード 9784890138913
  • NDC分類 E
  • Cコード C0098

内容説明

命って、なんだろう?生きるって、どういうこと?自由って、なぁに?ドーデ不朽の名作完訳版。

著者等紹介

ドーデ,アルフォンス[ドーデ,アルフォンス][Daudet,Alphonse]
1840~97年。フランスの小説家。南フランスのニームで生まれる。17歳のときパリに出て文学を志し、生涯、故郷南フランスの風物と人々を愛しつづけた

バテュー,エリック[バテュー,エリック][Battut,´Eric]
1968年、フランスに生まれる。カレッジを卒業後、リヨンの美術アカデミーに入学。『めぐる月日に』、『ペローの青ひげ』(講談社)でBIB世界絵本原画展グランプリ受賞。ユーモアや詩情にあふれた、あたたかみのある作品は多くの人々を魅了している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふう

90
何という作品でしょう。守りたいと思って柵の中に入れてつないでおいたのに、ヤギは野生の本能に導かれて山へ逃げ出し、一晩オオカミと闘って死んでしまった…。それでよかったの? やっぱり生きている方がよかったでしょう? いやいや、これはヤギの話じゃなくて、人間の物語なんですよね。自由といっしょにある危険。それだって受け入れるのが生きるということ、自由に生きるということ。自由じゃなければ生きる意味がないのだと、心のどこかで導くものがあるのでしょうか。空の色がきれいで悲しい。2018/06/25

ベル@bell-zou

27
広大な山々の風景に跳ねる白い小さなコヤギ。たった一日の輝きでしかなかったけれど動物としての自然の有り様を見せる。それは彼女が自ら選んだ生き方なら幸せと言えるのかも知れないが、それは彼女にしかわからないこと。安心に守られ永くゆるやかに生きるのも幸せのかたちのひとつ。ひもや囲いに囚われず、選択の自由がある幸せも。幸せは、誰かが決めることではない、と思う。…いろんなことを考えさせられる、奥深い作品。2018/10/11

魚京童!

23
絵がヤバイよね!思ったけどさ、自由に向かって戦って、夜明けを迎えて死ねるなんて幸せだと思う。閉じ込められて人に喰われるよりは。どっちが自由かわからないよね。閉じ込められる自由もあるけど。自由ってなんだ?幸せってなんだっけ?2017/05/02

Rie

19
友人に宛てた手紙として「スガンさんのヤギ」の話を語ることで物語が始まる。スガンさんの飼うヤギは広い世界に出たくて囲われた安全な場所からオオカミのいる外の世界へ出てしまう。はじめは広くて楽しい世界。けれどやがて危険が迫ってくる。ヤギを探すスガンさんの呼びかけにも応えずについにオオカミと遭遇してしまうが…。正解はないのだろうけれど自由や幸せについて考えさせてくれる作品。小さな子には少し難しいかも。2015/10/19

ochatomo

12
【再読】 フランスの絵本 前回はストーリーの結末を思わせる表紙の赤色が印象に残ったが、再読して本文の絵は印象派の油絵のようだと気付いた 他のEric Battut氏の絵本では見ない感じ、物語の舞台がプロヴァンスだからだろうか? 文・絵とも格調ある大人の絵本 訳はときありえさん 原題“Le chèvre de M. Seguin”2020/03/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9525

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。