三島由紀夫解釈―初期作品を中心とした精神分析的考察

個数:

三島由紀夫解釈―初期作品を中心とした精神分析的考察

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 583p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784888662345
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

周縁から一気に核心を貫く。「事件」以後、三島と同学部、同期の著者は憑かれたごとくに作品と対峙しつづけた。その間四半世紀。ここに「三島由紀夫」は、R.D.レインの名著の援けも受けて、その詩/死と真実の根本的解明がなされ、新たな意味をもって現われる。

目次

第1章 素質と環境
第2章 勤労動員と平岡公威
第3章 三島由紀夫と「死の衝動」
第4章 性格論
第5章 公威少年詩より作家三島由紀夫へ
第6章 戦後の作品を通じて観た三島由紀夫の精神の軌跡:第7章 『小説とは何か』の分析―自裁の真因