大学生と大学院生のためのレポート・論文の書き方 (第2版)

個数:

大学生と大学院生のためのレポート・論文の書き方 (第2版)

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 151p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784888488686
  • NDC分類 816.5
  • Cコード C0030

内容説明

大学では、高校までと違って、レポートを書く機会がぐんと増えます。この本は、大学で初めてレポートを書く学生、さらに進んで卒業論文を書く学生、そして大学院で修士論文を書く学生のために、書き方の要点をまとめたものです。学生でなくても、報告書や研究論文を書く人々にも役にたつはずです。レポートの書き方は、理工系と文科系では大きく違いますし、文科系のなかでもたとえば文学と政治学では異なります。本書では、政治学、社会学、歴史学、経済学など、主としていわゆる社会科学の分野でどうレポートを書くかについて述べます。

目次

1章 レポートとは
2章 テーマ設定と調査方法
3章 レポート・論文の構成
4章 卒業論文と修士論文
5章 レポート・論文の文章表現法
6章 レポート・論文の言葉
7章 原稿の書き方
8章 注・注記・引用・文献一覧
9章 その他の注意事項

著者紹介

吉田健正[ヨシダケンセイ]
1941年生まれ。ミズーリ大学および同大学院卒業。(ジャーナリズム・国際関係論専攻)。現在、桜美林大学国際学部教授。専門はカナダ地域研究、米国地域研究、沖縄研究