生命の神聖性説批判

個数:

生命の神聖性説批判

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 346p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784887136816
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C3012

内容説明

こんにち、安楽死・尊厳死をめぐって、法律・医学・倫理学等の各分野から、あらためて問い直しがなされている。本書は、安楽死・尊厳死論の名著であり、その生命の「質」からのアプローチは、われわれに新しい視野をひらいてくれる。

目次

第1章 「生命の神聖性」教説と倫理的整合性(序論―「生命の神聖性」;人の生命の不可侵性とその等しい価値 ほか)
第2章 死を引き起こすことと生命をながらえさせないこと(序論―何が問題か;二分脊椎で生まれた乳児の選択的不治療 ほか)
第3章 生命を意図的に終わらせることと二重結果の原理(序論―絶対主義と二重結果の原理;二重結果の原理、中絶及び意図の問題 ほか)
第4章 通常でない生命―通常でない手段でなくて(序論;通常の手段がどのようにして通常でなくなるか ほか)
第5章 結論―「生命の神聖性」から「生命の質」へ(序論;擁護できない実践上の帰結 ほか)

著者等紹介

クーゼ,ヘルガ[クーゼ,ヘルガ][Kuhse,Helga]
生命倫理学者。ピーター・シンガーと共に国際生命倫理学雑誌『バイオエシックス』の編集に長く携わった。モナシュ大学(オーストラリア)ヒューマンバイオエシックスセンター前所長

飯田亘之[イイダノブユキ]
東京大学大学院修了。帝京平成大学ヒューマンケア学部・教授。倫理学・生命倫理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。