人間科学叢書<br> ギリシア独立とカポディーストリアス

個数:

人間科学叢書
ギリシア独立とカポディーストリアス

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 275p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784887082786
  • NDC分類 239.5
  • Cコード C3322

目次

はじめに オスマン帝国支配下のギリシア人
第1章 イオニア七島連合共和国
第2章 ロシア皇帝に仕えてウィーン会議に随行
第3章 秘密結社友愛会(フィリキ・エテリア)の蜂起
第4章 ロシアの外相時代
第5章 ギリシア独立戦争
第6章 ギリシア臨時政府大統領時代
第7章 カポディーストリアス最後の一年
終章 カポディーストリアスとその時代

著者等紹介

阿部重雄[アベシゲオ]
1918年8月宮城県に生まれる。1941年12月東京帝国大学文学部西洋史学科卒業。(旧制)第四高等学校教授、(新制)金沢大学助教授、東京農工大学教授、大正大学教授を経て、現在、東京農工大学名誉教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

フランス革命後の独立の気運に乗って,ウィーン会議以後の国際社会の権謀術数の中から,オスマン帝国の支配を脱するギリシア人の苦闘。古代ギリシアがローマの属州に落ちて以来2000年の独立である