刀水歴史全書<br> 周辺文明論―欧化と土着

個数:

刀水歴史全書
周辺文明論―欧化と土着

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月05日 07時19分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 305p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784887080669
  • NDC分類 209.04
  • Cコード C1320

内容説明

ロシア、日本の文明史的考察からスラヴ派・日本浪漫派、チャアダーエフ・漱石に欧化と土着の相克を見、バグビーの周辺論を発展させて西欧(中心)対土着(周辺)の現代世界の構造を解明する先覚者の業績。

目次

第1章 文明における様式と価値―西洋派と土着派
第2章 周辺文明論への視角―文明の自立
第3章 欧化の反省―ロシアの事例
第4章 欧化と国粋―日本の事例
第5章 欧化と世俗化―トルコの事例
第6章 非西洋における近代化―インドの事例

出版社内容情報

四文明の伝播における様式論・価値論を根底に,ロシア・日本・インド・トルコなど非西洋の近代化=欧化と反西洋=土着の相克から現代の文明情況まで。日本文明学の先駆者の業績として忘れ得ない名著