希望としての不登校・登校拒否―本人・親の体験、教師の教育実践に学ぶ

個数:

希望としての不登校・登校拒否―本人・親の体験、教師の教育実践に学ぶ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 286p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784883520916
  • NDC分類 371.45
  • Cコード C3037

目次

第1編 本人の体験(私の「不登校」と「不登校卒業」;元気になるまでの道のり;ぼくの登校拒否体験)
第2編 親(親の会)の体験(我が子が不登校(登校拒否)になってから
息子の不登校に育てられて
子ども達の登校拒否を経験して ほか)
第3編 教師の教育実践(マキから学んだこと―みんなでのびよ!;学校現場から見る不登校;親たちと共につくる“学びの場”―お母さんたちから元気をもらって ほか)

著者等紹介

前島康男[マエジマヤスオ]
1950年埼玉県大宮市生まれ。1984年熊本大学教養部に赴任。1997年熊本大学教育学部に転任。2000年東京電機大学理工学部に赴任
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆう。

25
不登校・登校拒否を経験した本人、親の体験と教師の実践が綴られた内容です。学校という存在は登校するのがあたりまえと捉えられている中で、学校に行けない・行かない本人たちは、深く傷つきながらも自分を見つめ発達させている姿がありました。また親も同様に苦しんでいることがわかります。親にしてみると「青天の霹靂」であり、子どもにどのように向き合えばいいのか、どう受け入ればいいのか深く悩んでいることがわかりました。また心ある教師も同様に模索しています。不登校は本人を含め関わる全ての人の新たな発達の道でもあると思いました。2016/12/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2157742

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。