笑う門にはチンドン屋

個数:
  • ポイントキャンペーン

笑う門にはチンドン屋

  • 安達 ひでや【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 石風社(2005/02発売)
  • ウェブストア限定 全点ポイント5倍キャンペーン(6/24~6/28)
  • ポイント 75pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年06月26日 20時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883441174
  • NDC分類 674.8
  • Cコード C0076

内容説明

親も呆れる漫談小僧。ロックにかぶれ、保証もかぶって日銭稼ぎに始めた大道芸の路上から、すべては始まった―。あの“イカ天”が生んだ稀代のチンドン・バカが綴る、因果のはての極楽。

目次

第1幕 チンドン屋って冗談ですか?(「ボク、チンドン屋です。」;教科書はコミックソングだった ほか)
第2幕 チンドン・アダチ流(チンドン彷徨;ピエロとちょんまげ ほか)
第3幕 チンドンは業と心得よ(そもそもチンドン屋というものは…;女はチンドン屋の華である)
第4幕 旅するチンドン屋(葬儀屋に呼ばれた;ここで目立てといわれても…)
第5幕 全国ちんどん博覧会

著者等紹介

安達ひでや[アダチヒデヤ]
1964年熊本県生まれ。山口大学農学部中退。ロックバンド、ラジオパーソナリティーを経て、1994年よりチンドン屋「アダチ宣伝社」を立ち上げる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

山田太郎

11
福岡の一部では有名バンドだったお笑いプログレバンドが、チンドン屋になったのは知ってたので、興味深く読んだ。文章上手だし、チンドン屋見たくなる。確かに、ばか、あほ、チンドン屋って言ってたな、差別用語なのか?2011/08/19

みっち~

0
宮崎で行われた”花ふぶき一座”宮田若菜さんの『チンドン日和』Vol.1のゲストでアダチさんがいらっしゃり、この本を購入しました。 チンドンの歴史、奥深さがとても興味深く、楽しく読ませて頂きました。 チンドン屋さん、小さい頃スーパーの開店などで見かけました。 明るくて華やかで面白くて・・・ 世界に紹介していきたい、日本の伝統芸能職ですね。2012/02/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/800908

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。