地方創生シリーズ<br> ふるさと納税と地域経営―制度の現状と地方自治体の活用事例

個数:
  • ポイントキャンペーン

地方創生シリーズ
ふるさと納税と地域経営―制度の現状と地方自治体の活用事例

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年01月23日 00時11分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 193p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784883353835
  • NDC分類 345
  • Cコード C3030

内容説明

寄附募集と地域PR/寄附者とのコミュニケーション(お礼品PRと心の繋がり)/お礼品の選択(特産品注力と公平性のバランス)/地元産業への影響(買取価格と既存商流への影響)/事務負担の増加と制度の複雑化/寄附金の使い道と寄附者への説明責任/ふるさと納税のその先へ。第一線の実務家が全国の事例を解説!ふるさと納税初の実践書。

目次

第1章 データから見る、ふるさと納税(寄附者データから見るふるさと納税;自治体データから見るふるさと納税)
第2章 事例に見る、ふるさと納税(変わる自治体職員の意識―阿波市;マーケティングの入口に活用―宮古市;シティーセールス事業に注力―鈴鹿市;地域資源に限定した返礼品とまちおこし―安平町;広域連携で周辺自治体と協創―沖縄市)
第3章 ふるさと納税の課題と今後
第4章 鼎談

著者紹介

〓松俊和[タカマツトシカズ]
成城大学経済学部卒業。慶應義塾大学大学院経済学研究科修了。平成20年ソフトバンク・プレイヤーズ(株)(現SBプレイヤーズ(株))入社。経理財務部門に携わる傍ら新規事業部門を兼務。平成26年7月、新規事業としてふるさと納税一括代行業を主業とした(株)さとふるの立ち上げメンバーとして参画。平成27年4月、(株)さとふる取締役経営戦略室室長就任(現任)。事業構想大学院大学ふるさと納税地方創生研究会の参加メンバー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)