アイヌ民族の歴史

個数:

アイヌ民族の歴史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年10月24日 05時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 639,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784883231713
  • NDC分類 211
  • Cコード C1021

内容説明

本書は、アイヌ民族の歴史を前アイヌ文化としての擦文文化の時代から現代に至るまで一貫して論述、とくにアイヌ民族と大陸の周辺民族・国家との関係を詳述した部分は知られざるアイヌ民族の一断面である。またアイヌ民族の数度にわたる戦争、「北海道旧土人保護法」や「アイヌ新法」の成立過程を内外の史料を駆使して記述した、本邦初の本格的歴史書である。

目次

第1章 古代社会とアイヌ民族
第2章 「夷島」とアイヌ民族
第3章 アイヌ民族と大陸・日本
第4章 分断されたアイヌモシリ
第5章 シャクシャインの戦い
第6章 クナシリ・メナシの戦い
第7章 ロシア・清朝・日本の狭間で
第8章 近代日本とアイヌ民族
第9章 「北海道旧土人保護法」とアイヌ解放運動
第10章 立ち上がるアイヌ―戦後編

著者等紹介

榎森進[エモリススム]
1940年山形県天童市生まれ。東北大学文学部卒業。北海道松前町史編集長、函館大学教授を経て、東北学院大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

久しく待たれた決定版“アイヌ民族の通史”が完成。
 本書は、アイヌ民族の歴史を前アイヌ文化としての擦文文化の時代から現代に至るまで一貫して論述、とくにアイヌ民族と大陸の周辺民族・国家との関係を詳述した部分は知られざるアイヌ民族の一断面である。またアイヌ民族の数度にわたる戦争、「北海道旧土人保護法」や「アイヌ新法」の成立過程を内外の史料を駆使して記述した、本邦初の本格的歴史書である。
 現今、「アイヌ民族」はいろいろな問題をかかえて世に登場したが、その歴史と問題点が十分理解されているとはいえない。本書は、このような現実を考えるうえで格好の書であろう。

第1章 古代社会とアイヌ民族
第2章 「夷島」とアイヌ民族
第3章 アイヌ民族と大陸
第4章 分断されたアイヌモシリ
第5章 シャクシャインの戦い
第6章 クナシリ・メナシの戦い
第7章 ロシア・清朝・日本のの狭間で
第8章 近代日本とアイヌ民族
第9章 「北海道旧土人保護法」とアイヌ解放運動  
第10章 立ち上がるアイヌ―戦後編