チャランケ―結城庄司遺稿

個数:

チャランケ―結城庄司遺稿

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 247p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883230969
  • NDC分類 316.811
  • Cコード C0095

出版社内容情報

「アイヌ新法」制定の今──反差別を闘った過激な人生!
アイヌ民族解放運動の先駆者の軌跡――――――
苫小牧差別裁判糾弾闘争・登別アイヌ墓地抗議活動・北大経済学部差別講義に対する越冬闘争など、アイヌ民族に対する偏見・差別と闘い、民族尊厳の復権のために全身で運動を続け、志半ばで倒れた無念の記録。


一 アイヌ宣言                   はじめに 
 序章 自然主義者、アイヌの道 差別とアイヌ研究   主体性への変革 
二 アイヌ民族と歴史                一章 旧土人と皇民化 
 二章 原住民と天皇 
 三章 アイヌモシリ「北方領土論」 
 四章 アイヌ史探訪―知里真志保を中心に 
  未発表メモ・弁開凧次郎のこと 
  イカシパ弁開凧次郎のこと―アイヌの八甲田行軍遭  難救助隊長 
三 アイヌ民族と学問                五章 原住民説と御用学 
 六章 植民地大学「北大」       
四 チャランケ                   七章 人種差別と「アイヌ研究」
 八章 チャランケ 
 結城庄司年譜 


1997.8.24
北海道新聞
著者の結城庄司氏はアイヌ解放同盟の創設や、北大経済学部差別講義糾弾闘争など、差別と偏見への闘いに指導的役割をはたしたアイヌ民族解放運動の先駆者。民族の復権に社会的関心も高まり、今後の役割を期待されるなか、1983年、45歳の若さでこの世を去った。本書には生前の初の著書である「アイヌ宣言」(三一書房刊)に収録された文章を軸に、道内の新聞や雑誌に発表された文章などが収められている。
書名の「チャランケ」とは、本書にもたびたび記されているが、本来はアイヌ語で談判、論争など真剣な議論の意味。アイヌ社会では裁判の役割をはたしていたという。ところが、和人たちがこの言葉を難癖つけるという意味で意識、無意識のうちに使うことは、いまなお見うけられる。アイヌ民族に対する差別と偏見の根深さを示す象徴ともいえるだろう。
そうした理不尽な日本社会に、全身でえ挑み続けてきた結城氏だが、本書では和人たちの抑圧の歴史を問い、アイヌ研究の差別性を厳しく批判する一方、ウタリ(仲間)には民族復権のために、より強い組織と連帯の必要性を訴える。その根底に流れるのは、本来の意味の「チャランケ精神」であることはいうまでもな

内容説明

アイヌ民族解放運動の先駆者の軌跡―苫小牧差別裁判糾弾闘争・北大経済学部差別講義・登別アイヌ墓地抗議活動に対する越冬闘争など、アイヌ民族に対する偏見・差別と闘い、民族尊厳の復権のため全身で運動を続け、志半ばで倒れた無念の記録。

目次

1 アイヌ宣言
2 アイヌ民族と歴史
3 アイヌ民族と学問
4 チャランケ