地域ブランド進化論―資源を生かし地域力を高めるブランド戦略の体系と事例

個数:

地域ブランド進化論―資源を生かし地域力を高めるブランド戦略の体系と事例

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784881242605
  • NDC分類 601.1
  • Cコード C3063

内容説明

日本が高度成長を遂げた時代の“地域が日本経済を支える”というビジネスモデルが崩壊し、多くの地域が元気を失ってしまった。そこに口蹄疫や火山の噴火、大震災、原発事故など、経済や社会を揺るがす事件も加わって、さらに地域の疲弊が、進んでいる。今、地域に必要なのは、地域そのものを元気にする、地域の魅力=地域資源を武器とした新しいビジネスモデルづくりだ。その象徴として“地域ブランド”がある。

目次

第1章 なぜ地域ブランドが必要なのか(背景編)(地域ブランドの意味と利点;知的財産戦略による地域活性化;“こだわり”が市場を創る;地域資源をブランド化する)
第2章 地域ブランド戦略の立て方と進め方(マニュアル編)(地域ブランドの計画づくり;ブランドプレミアム戦略;ブランドコミュニケーション戦略;顧客ロイヤルティー戦略;ブランドリスク管理)
第3章 地域ブランドの先進事例20(実践編)(女性に絞ったコンセプトで黒豆を売る/キレイマメ(北海道)
イカール星人の襲来を街の求心力に換える/函館市(北海道)
地域連携の“バル街”で賑わいをつくる/函館市ほか
海外の嗜好や習慣に対応“基準化”で高い評価を獲得/岩木山りんご生産出荷組合(青森県)
アニメ「らき☆すた」でオタク発信のまちおこし/鷲宮町(埼玉県) ほか)

著者等紹介

田中章雄[タナカアキオ]
ブランド総合研究所代表取締役社長。1959年生まれ。東京工業大学理学部卒業。84年、日経BP社に入社。2001年、日経BPコンサルティング調査部長就任。日本最大規模のブランド評価プロジェクト、Webブランド調査などを手がける。03年、ブランドの調査・コンサルティング会社「日本ブランド戦略研究所」設立。05年、ブランド戦略の立案、構築、活用、管理、そしてPRやテストマーケティング、販路開拓などを総合的に実施・サポートする「ブランド総合研究所」を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。