「いのち」の近代史―「民族浄化」の名のもとに迫害されたハンセン病患者

「いのち」の近代史―「民族浄化」の名のもとに迫害されたハンセン病患者

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 685p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784876995875
  • NDC分類 498.6
  • Cコード C3021

内容説明

「病」ゆえ国家の犠牲となった人びとの記録。

目次

1 「一等国」へのばく進の途上で
2 民族浄化―皇室と社会運動家の接点
3 たたかう病者
4 断種の論理
5 植民地・占領地のハンセン病政策
6 継続された隔離政策―患者にとっての「戦後民主主義」
7 「らい予防法」下の苦闘
8 隔離九〇年の重さ

著者等紹介

藤野豊[フジノユタカ]
1952年神奈川県生まれ。現在、富山県を拠点に日本近現代史研究に従事。おもな著書に、『同和政策の歴史』1984年、解放出版社。『米騒動と被差別部落』共著、1988年、雄山閣出版。『水平運動の社会思想史的研究』1989年、雄山閣出版。『日本ファシズムと医療』1993年、岩波書店。『歴史のなかの「癩者」』編著、1996年、ゆみる出版。『それぞれの選択』1997年、かもがわ出版。『教室から「自由主義史観」を批判する』編著、1997年、かもがわ出版。『日本ファシズムと優生思想』1998年、かもがわ出版。『強制された健康』2000年、吉川弘文館 他
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。