障害者が恋愛と性を語りはじめた

  • ポイントキャンペーン

障害者が恋愛と性を語りはじめた

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 258p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784876991426
  • NDC分類 369.27
  • Cコード C0036

内容説明

語りにくい〈恋愛と性〉の現状を明らかにすることにより、障害者が抱えている問題を浮き彫りにし、問い直す。

目次

1 障害者の性は閉ざされているか―思うにまかせない5つのケース
2 起きた子はもう寝かせられない―施設障害者の場合は
3 心を化石にしないで―二重に差別される女性障害者
4 でも、ぼくたちはやりたい!―ソープランドに出かける障害者たち
5 生と性をエンジョイしよう―若い障害者たちの最新レポート
6 保障された「性」―デンマークの障害者事情
7 「正常位」はだれが決めた?―二人が語るノーマライゼーション

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

りんふぁ

2
確かにタブー視され、あえて黙殺されてる部分。されど、性欲は当たり前のもので、隠してないものにするのではなく、正しく伝えるのも大切だと思う。 2014/07/24

サムライマニア

1
かなりディープな話題が満載。相手のことを知ることから差別や偏見はなくなるのだろう。2012/08/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/248832

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。