ライプニッツ著作集 〈7〉 宗教哲学『弁神論』 下 佐々木能章

ライプニッツ著作集 〈7〉 宗教哲学『弁神論』 下 佐々木能章

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 336p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784875021803
  • NDC分類 134.1
  • Cコード C1310

内容説明

「なぜ神はこの世界に悪の侵入を許したのか?」―当時の流行思想家ピエール・ベールの懐疑論を予定説をもって論駁する。別冊ラテン語文「弁神論」も収載。

目次

本論 神の正義、人間の自由、悪の起源について
三段論法形式での論争要約
ホッブズ論―ホッブズ氏が英語で出版した著作『自由、必然性、偶然』についての考察
キング『悪の起源』考―英語で最近出版された『悪の起源』という著作についての考察
神の大義―神の正義をそれ以外の神の完全性ならびにその全作用と両立させることにより弁ぜられたるところの
17・18世紀キリスト教諸派関係図
ライプニッツ手稿

出版社内容情報

■目次------------------------------------------------------------------------

本論 神の正義、人間の自由、悪の起源について
第3部
第一付録 三段論法形式での論争要約
第二付録 ホッブズ論─ホッブズ氏が英語で出版した著作『自由、必然性、偶然』に
ついての考察
第三付録 キング『悪の起源』考─英語で最近出版された『悪の起源』という著作に
ついての考察
神の大義─神の正義をそれ以外の神の完全性ならびにその全作用と両立させることに
より弁ぜられたるところの(別冊ラテン語文)