科学の罠―過失と不正の科学史

個数:

科学の罠―過失と不正の科学史

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 361p/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784875021681
  • NDC分類 404
  • Cコード C1040

内容説明

本書は、さまざまなタイプの「科学における誤りと不正」を取り上げ、なぜそれらの不正が起こるのか、それを防止するにはどうすればいいのかを提案する。

目次

第1章 科学のルールの成立と違反
第2章 実験者の影響
第3章 誤りか自己欺瞞か
第4章 疑惑の影の中で
第5章 ルイセンコ―科学と政治
第6章 証拠のあがった臨床医学研究の不正
第7章 証拠のあがった基礎医学研究の不正
第8章 批判と挑戦
第9章 古生物学と考古学での偽造
第10章 盗作か著作権侵害か
第11章 研究費申請書に真実が書いてあるか
第12章 科学の別の倫理問題
第13章 薬物は安全か
第14章 正直であるためには
第15章 学科における欺瞞に対して何ができるのか
第16章 どこまで行けば終わるのか