日本人と戦争責任―元戦艦武蔵乗組員の「遺書」を読んで考える

個数:

日本人と戦争責任―元戦艦武蔵乗組員の「遺書」を読んで考える

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月23日 10時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 252p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784874983799
  • NDC分類 210.75
  • Cコード C0036

内容説明

16歳で海軍に志願して地獄を経験、辛うじて生還した戦後は、天皇を崇拝した自らの責任を含め、戦争責任について問い続けた思想家・渡辺清。彼が遺した言葉を読み解きながら、思考停止状態に陥ったこの国の言論状況を見すえつつ、戦後世代として徹底的に語り合う。

目次

再び裏切られた「戦後」
対談 日本人と戦争責任(「戦中派」世代の体験を受け継ぐことができるか;天皇制をめぐって;政治家や官僚を縛る憲法から国民の生き方を定める憲法へ ほか)
戦艦武蔵とともに海底で眠る友へ
なぜ『海の城』『戦艦武蔵の最期』『砕かれた神』を書いたのか

著者等紹介

斎藤貴男[サイトウタカオ]
1958年東京生まれ。ジャーナリスト

森達也[モリタツヤ]
1956年広島生まれ。映画監督・ドキュメンタリー作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。