旭川・アイヌ民族の近現代史

個数:

旭川・アイヌ民族の近現代史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年10月19日 13時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 561p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784874983621
  • NDC分類 389.11
  • Cコード C0021

内容説明

旭川・近文を舞台に、三次にわたる「給与地」奪還運動、水平社に触発されての「解平社」の結成、経済的自立を求めての熊祭り興業、木彫り熊の創出など、アイヌ民族・文化運動の軌跡を、個性豊かなアイヌ群像をちりばめて描いた初めての近現代史。

目次

序章 先住民・アイヌ民族(北海道の地名はアイヌ語から;あなたはなぜ北海道にいるのか ほか)
1章 近文アイヌ給与地をめぐって(和人の侵略とアイヌ民族;「北海道旧土人保護法」に向けて;第一次近分アイヌ地問題(搾取問題)
第二次近文アイヌ地問題(詐取問題))
2章 自立への道(川上コヌサアイヌとイヨマンテ興行;「解平社」から全道アイヌ青年大会へ;第三次近文アイヌ地問題(アイヌ地返還運動))
3章 新しい民族文化の創造(旭川・近文での木彫り熊の誕生;木彫り熊と近文アイヌ住民)
終章 戦後のアイヌ民芸の展開(砂沢ビッキのこと;戦後、旭川での文化運動の出発 ほか)

著者等紹介

金倉義慧[カナクラギケイ]
1934年、北海道雨竜郡秩父別町に生まれる。大谷大学文学部卒業。北海道立深川西高をはじめ静内、旭川工業、秩父別高校に勤務し、1995年に退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。