外国語教育は英語だけでいいのか―グローバル社会は多言語だ!

個数:
  • ポイントキャンペーン

外国語教育は英語だけでいいのか―グローバル社会は多言語だ!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年09月19日 14時51分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 308p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784874246900
  • NDC分類 375.89
  • Cコード C1087

内容説明

高等学校における複数の外国語の必修化を目指して。日本、世界の多言語教育について理念と実態を紹介。日本での多言語教育の実現に向けて、具体策を提案。7言語による「第2の外国語」学習指導要領(案)を提示。

目次

第1部 多言語教育の理念(豊かな多言語世界のための6つの論点;公教育における多言語教育;企業のグローバル人材育成と多言語主義)
第2部 世界における多言語教育の実態(ドイツ―「共存力と競争力」育成の複数外国語教育;フランス―豊富な言語のレパートリー;スペイン―英語・国家語・地域語のせめぎあい;ロシア―多様な外国語教育の伝統と現代的課題;韓国―理念と現実のはざまで;中国―国家の人材育成のための外国語教育;エジプト―イスラーム文化圏における複数外国語教育の試み;英語圏―英語国民も多言語時代だ)
第3部 日本における多言語教育の実態(高等学校の多言語教育の現状―政策の貧困と現場の努力;高校生の意識―英語だけではもの足りない)
第4部 日本における多言語教育の実現に向けて(教育課程編成―学習指導要領上の位置づけ;教員の人事・採用および養成―複数教科担当教員制を中心に)
第5部 多言語教育推進のための提言と学習指導要領案(外国語教育と「考える力」―「提言」と「第2の外国語学習指導要領案」の特徴)

著者等紹介

森住衛[モリズミマモル]
大阪大学名誉教授、桜美林大学名誉教授。元大学英語教育学会会長、前日本言語政策学会会長。専門は、英語教育学、言語文化教育学、外国語学

古石篤子[コイシアツコ]
慶應義塾大学名誉教授。前日本フランス語教育学会会長。専門は、フランス語教育学、言語教育政策、フランス言語学

杉谷眞佐子[スギタニマサコ]
関西大学名誉教授。専門は、ドイツ語教育学、言語教育政策、異文化コミュニケーション論

長谷川由起子[ハセガワユキコ]
九州産業大学国際文化学部准教授。朝鮮語教育学会世話人代表。専門は、韓国語教育学、韓国語学、音声学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。