Make:Japan Books<br> 「もの」はどのようにつくられているのか?―プロダクトデザインのプロセス事典

個数:

Make:Japan Books
「もの」はどのようにつくられているのか?―プロダクトデザインのプロセス事典

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 299p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784873116778
  • NDC分類 501.8
  • Cコード C3053

内容説明

工業デザインの技法を写真と図で解説。プロダクトデザインを学ぶ人とMakerのための本。131技法を解説。

目次

1 固体の切断
2 シート
3 連続体
4 薄肉・中空
5 固化
6 複雑
7 多様なデジタル・ファブリケーション
8 仕上げテクニック

著者等紹介

レフテリ,クリス[レフテリ,クリス] [Lefteri,Chris]
ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインの上級講師。個人としても、プロダクトデザイン、パッケージング、家具に関するビジネスを営んでいる

田中浩也[タナカヒロヤ]
慶應義塾大学環境情報学部准教授。1975年北海道生まれ。2010年マサチューセッツ工科大学(MIT)建築学科客員研究員を経て、FabLabジャパン発起人となる。2011年に鎌倉市にFabLab鎌倉を開設、2013年には第9回世界ファブラボ会議(FAB9)の実行委員長を務めた。慶應義塾大学SFC研究所ソーシャルファブリケーションラボ代表でもあり、活動は多岐にわたる

水原文[ミズハラブン]
技術者として情報通信機器メーカーや通信キャリアなどに勤務した後、フリーの翻訳者となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。