在日の涙―間違いだらけの日韓関係

個数:
電子版価格 ¥1,000
  • 電書あり

在日の涙―間違いだらけの日韓関係

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年11月15日 21時22分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 216p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784864104777
  • NDC分類 319.102
  • Cコード C0095

内容説明

封印してきた祖国への本音!人気テレビコメンテーター初の半生記。韓国人の間違いを正し、日本人の誤解を解く。

目次

第1章 在日に生まれた宿命―私の生い立ち(在日二世として;在日コリアンが選べた道はたったの「三つ」 ほか)
第2章 「反日韓国」への違和感(安倍総理談話について;韓国政治と司法の一体化 ほか)
第3章 竹島問題では「日本の完敗」(竹島「爆破」話の真相;お粗末すぎた日本外交 ほか)
第4章 便宜的すぎる韓国「歴史」問題(「反日」から抜け出せない理由;『朝鮮人強制連行の記録』 ほか)
第5章 韓国外交はなぜ裏切るのか(朴大統領とは何だったのか;朴槿恵退陣の理由 ほか)

著者等紹介

辺真一[ピョンジンイル]
ジャーナリスト。「コリア・レポート」編集長。東京生まれ。明治学院大学英文科卒、新聞記者を経て、フリー。1982年朝鮮半島問題専門誌「コリア・レポート」創刊。1986年テレビ、ラジオで評論活動を開始。1998年ラジオ短波「アジアニュース」パーソナリティー。1999年参議院朝鮮問題調査会の参考人。2003年沖縄大学客員教授、海上保安庁政策アドバイザー(~2015年3月)を歴任。外国特派員協会会員、日本ペンクラブ会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

テレビで活躍する著者が初めて明かす生い立ちとライフヒストリー。悪化する両国関係に断腸の思いで、韓国人の間違いと日本人の誤解を解く、渾身のエッセイ。