熱中症―息子の死を糧にして

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 164p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784860300081
  • NDC分類 493.19
  • Cコード C0095

内容説明

息子を熱中症で亡くした一人の医師が、その悲しみを乗り越えるまでと、熱中症の正しい知識を書き綴った慟哭と警告の衝撃のノンフィクション。

目次

第1章 熱中症(私の息子におきたこと;長男、純芳の行動;個人的考察 ほか)
第2章 我が子の死(我が子の死を体験して;アルバムに書いたメモ)
第3章 自己をみつめて(長男誕生;入浴;長男の肥満 ほか)

著者等紹介

中村純友[ナカムラマサトモ]
昭和24年大阪生まれ。昭和51年、鳥取大学医学部医学科卒業後、大阪大学医学部内科研修医。昭和52年、回生病院麻酔科に勤務。昭和53年、淀川キリスト教病院内科に勤務。昭和55年より医療法人中村診療所理事長
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kozawa

0
汗かく暑さには水だけでなく電解質にも注意しよう。医者でありながら医学部生の息子を熱中症で亡くした経験から。2010/07/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/614217

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。