伝える技法―プロが教える苦手克服文章術

個数:

伝える技法―プロが教える苦手克服文章術

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月25日 11時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 271p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784845114009
  • NDC分類 816
  • Cコード C0036

内容説明

新聞記者として取材班を率いて新聞協会賞、菊池寛賞などを受賞した著者が「文章の書き方」を伝授!なぜ、あなたの文章は伝わらないのか?

目次

第1章 読みたくなる文章を書くには(オリジナルであること;作文は冒頭がすべて ほか)
第2章 一文一文を正確に書く(曖昧な言葉よりも具体的な言葉を;短いセンテンスで「切れ味」を出す ほか)
第3章 ちょっとした技で見違える文に(「!」の多用は慎む;「?」の多用も慎む ほか)
第4章 文章力をみがくには(“悪文”添削で欠点・短所をつかむ;八〇〇字の作文を仕上げる)

著者紹介

高田昌幸[タカダマサユキ]
1960年高知県生まれ。法政大学卒業後、1986年に北海道新聞社入社。経済部、東京政治経済部などを経て、報道本部次長、ロンドン支局長を務める。2011年に退社。フリージャーナリストを経て、2012年から高知新聞記者。北海道新聞時代の1996年、「北海道庁の公費乱用」報道の取材班メンバーとして新聞協会賞、日本ジャーナリスト会議(JCJ)賞奨励賞を受賞。2004年に「北海道警察の裏金問題」報道の取材班代表として新聞協会賞、菊池寛賞、JCJ大賞などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)