植物の性の営みを探る

個数:

植物の性の営みを探る

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 240p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784842592084
  • NDC分類 471.3
  • Cコード C3061

内容説明

本書では、秘密のベールに包まれた植物の性の営みを覗き見る面白さとスリルを紹介し、高等植物の受粉過程とその進化的意義を知っていただこうと試みました。

目次

第1章 植物の繁殖様式
第2章 植物の生殖器としての花
第3章 植物の受粉・受精・結実
第4章 植物の貞操―生殖様式
第5章 綺麗な花たちの媒酌人―花粉媒介昆虫の働き
第6章 目立たぬ花たちの媒酌人―風の働き
第7章 完全なる浮気の勧め―遺伝的な浮気性の機構とその利用
第8章 植物の合の子―ハイブリッド種子の活躍
第9章 植物の雌雄配偶子(花粉と胚嚢)たちの協力と競争
第10章 植物集団における結婚相手(遺伝子交流)の範囲と子孫の特性
第11章 植物における適応戦略
第12章 受粉生物学の現状と展望

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

にーにゃん8歳児@ボストロール

0
約20年前に出版された本。著者がHans Kugler(1966年)「花生態学」やFaegri & van der Pijl(1979年)「The principles of pollination ecology」を理解していない?ので、既に半数近く間違いが散見され、最近の研究においても明らかにされた部分もあるので、8割型時代錯誤の部分がある。あまり参考にならない本。2013/02/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1630842

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。