ナーシング・グラフィカ 小児看護学 2<br> 小児看護技術 (第4版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

ナーシング・グラフィカ 小児看護学 2
小児看護技術 (第4版)

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2019年04月26日 12時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A4変判/ページ数 268p/高さ 28cm
  • 商品コード 9784840465168
  • NDC分類 492.939
  • Cコード C3347

目次

1 援助関係を形成する技術
2 安心・安全な環境を調整する技術
3 食事の援助技術
4 排泄の援助技術
5 清潔・衣生活の援助技術
6 呼吸・循環を整える技術
7 与薬の技術
8 救急救命の技術
9 症状・生体機能の管理技術
10 安全・安楽を確保する技術

著者等紹介

中野綾美[ナカノアヤミ]
高知県立大学看護学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

●本書では、子どもを「発達していく存在であり、年齢や健康レベルにかかわらず、権利を有し行使することができる主体である」(編者の言葉より)ととらえ、子どもの権利を擁護し、安全・安楽にケアを行うための看護技術を学ぶことに重点を置いています。
●解説を「基礎知識(目的ほか)」「実施方法(準備するもの、手順&アドバイス)」の順に変更しました。各看護技術の目的や背景を理解してから、技術の習得に入ることができます。
●「子どもの権利擁護」「子どもの発達」を重視した小児看護技術を学ぶために、実施方法の解説はレイアウトを大幅に変更し、具体的な手技の手順とそれに対するポイントやアドバイスをわかりやすく提示しています。写真を大幅に変更・追加したことで、手技の流れや注意点がより理解しやすくなり、臨床実習でも役立ちます。
●「小児看護専門看護師としての活動」「臨地実習にて教師から」をテーマとしたコラムを各章末に掲載しています。臨床現場における小児看護の実際や、実習での心構えを学ぶことができます。
●巻末資料として「乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン(一部抜粋)」を収載しています。

中野 綾美[ナカノアヤミ]
編集