電撃文庫<br> 陰陽ノ京

  • ポイントキャンペーン

電撃文庫
陰陽ノ京

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 355p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784840217408
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

時は平安。陰陽道の名門に生まれたにも関わらず、家業である陰陽道を捨て、文章道を選んだ一人の青年がいた。青年の名は慶滋保胤。保胤は大陰陽師・安倍晴明の依頼に応じて近頃都に現れた外法師の素性を調べ始める。だが、それはとてつもない怨念と呪いが渦巻く事件へ保胤を導くきっかけに過ぎなかった…!魑魅魍魎がうごめく平安時代の闇―。いま、闇から滴る魔が世界を狂わせ始める…。第七回電撃ゲーム小説大賞「金賞」受賞作、登場。

著者等紹介

渡瀬草一郎[ワタセソウイチロウ]
昭和53年型横浜製。大学在籍中に就職浪人が確定し、その怨みを晴らすように書いた『陰陽ノ京』(『平安京八卦』改題)で第7回電撃ゲーム小説大賞(金賞)を受賞。作家道へと進み始める。現在、受賞第一作を火を噴く勢いで執筆中
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

電撃初の陰陽師ストーリー! 時は平安、家業の陰陽道ではなくあえて文章道の道選んだ青年・慶滋保胤のもとに一人の男が訪れた。男の名は安倍晴明――いわずと知れた天才陰陽師である。 晴明は近頃都の現れたある外法師について調査を依頼しに来たのだったが、裏に別の思惑を持っていた。すなわち、天賦の才を発揮する保胤を再び陰陽道に引き戻すこと。そして晴明の思惑通り、保胤は外法師を巡る争いに巻き込まれ、そしてその果てに見たものは……! 平安時代に実在した慶滋保胤を主、安倍晴明を脇に据えた異色作、登場! 第7回電撃ゲーム小説大賞<金賞>受賞作品