Webの創成―World Wide Webはいかにして生まれどこに向かうのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 279p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784839902872
  • NDC分類 547.48
  • Cコード C3004

内容説明

Webの発明者が語る、今後のWebの行方。

目次

万物の探索
もつれ、つながり、網の目
CERNのサーバ
プロトコル―地球大のシステムのための単純なルール
地球大の世界へ
ブラウジング
状況の変化
コンソーシアム
競争とコンセンサス
人々の網の目
プライバシー
思考をつなぐ
マシンとWeb
Webの創世

著者等紹介

バーナーズ=リー,ティム[バーナーズリー,ティム][Berners‐Lee,Tim]
オックスフォード大学卒業。1990年後半CERN在籍中にWorld Wide Webを発明。最初のWWWクライアント(NeXTStep上で走るブラウザ兼エディタ)と最初のWWWサーバを大部分のコミュニケーション・ソフトウェアとともに制作し、またURL、HTTP、HTMLを定義した。現在、WWWコンソーシアムのディレクター、マサチューセッツ工科大学コンピュータ・サイエンス研究所のPrincipal Research Scientist

高橋徹[タカハシトオル]
1941年1月、栃木県宇都宮市生まれ。1964年3月、東北大学文学部哲学科美学美術史専攻卒業。出版編集、評論活動の後、1982年から生活構造研究所でビデオテックスのマーケティングを担当、通商産業省のニューメディアコミュニティ構想に携わる。1986年、ディジタルコンピュータに移り、UNIXとルータによる高速LANのシステムのインキュベーションを行う。1987年からインターネットの研究。日本UNIXユーザ会理事。1989年から米国Interop視察企画を継続。1993年、Ziff‐Davis Japanに移籍し、Interop 94Tokyoを主催。12月、日本インターネット協会設立とともに事務局長。1994年12月、東京インターネット設立、社長、のち会長。1997年12月、日本インターネット協会会長。2000年、INET2000横浜開催の大会議長。インターネット戦略研究所代表取締役会長、多摩美術大学教授。2001年7月、財団法人インターネット協会設立、副理事長となる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件