運動神経がよくなる本

個数:
  • ポイントキャンペーン

運動神経がよくなる本

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年12月10日 05時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 168p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784837671541
  • NDC分類 780
  • Cコード C0077

内容説明

バランス、移動、操作。立つ・回る・跳ぶ・投げる…で子供が変わる。ひとめでわかる36の動作ポスター付き。

目次

第1章 いま、子供の体に何が起こっているか(体は大きくなっているのに体力はどんどん落ちている;体力測定で腰痛になった子供が年間100人! ほか)
第2章 子供の体力・運動能力調査から見えてくるもの(握力;反復横跳び ほか)
第3章 運動神経がよくなる「36の動作」(バランス系の動作;移動系の動作 ほか)
第4章 36の動作を実践している現場からの報告(いろいろな体の動きを遊びながら覚えた娘はでんぐり返しやボール投げが見違えるほど上達;テレビ番組で36の動作を体験したらどんくさかった息子がいまやサッカー少年 ほか)

著者等紹介

中村和彦[ナカムラカズヒコ]
1960年、山梨県生まれ。専門は身体教育学、発育発達学、健康教育学など。一貫して子供の体や心の問題について研究を続けており、とくに子供の遊びの重要性に関する調査・研究では第一人者。むずかしい理論ではなく、誰にでもわかる平易な表現には定評がある。文部科学省や日本体育協会、日本レクリエーション協会などの仕事に取り組むとともに、NHK教育テレビ『からだであそぼ』(2004年4月~2009年3月放送)、『あさだ!からだ!』(2009年4月~2010年3月放送)の監修を務め、子供の健康増進、体力向上の推進を呼びかけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。